ZEH

ZEHとは

 

ZEH(ゼッチ)= ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

 

住宅の「高断熱化と高効率設備」により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現し、尚かつ「太陽光発電等」によってエネルギーを創り出し、年間で消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。 

現在、日本の家庭部門におけるエネルギー消費量は全体の15%程を占めています。また、災害などによる電力需給問題やエネルギー価格の不安定化などを受け、省エネルギーの重要性が再認識されています。

それに加えて、自然エネルギーの重要性も見直されています。


ゼロエネルギーハウスの仕組み

省エネ:消費するエネルギー量を減らす 

    (高断熱・高気密・高効率家電・LED照明など)

創エネ:消費したエネルギーと同等のエネルギーを創り出す

    (太陽光発電・エネファームなど)

 

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現する」という政府目標の達成に向け、課題と対応策を整理した「ZEHロードマップ」を関係省庁等と共に策定し、当該ロードマップに基づき普及に向けた取り組みを行っています。

弊社では、平成32年までに新築注文住宅の50%をZEH住宅とすることを目標としています。

 


ZEHビルダー登録

 I.P.U建築計画は、ZEHビルダー登録をしています。

 

私たちは、ZEH住宅を積極的に推進し、2020年度までに注文住宅の

ZEH普及率を50%以上とする目標を掲げています。

2016年度実績0%、2017年度実績0%、2018年度20%、2019年度20%、2020年度50%を目標として、適切な設計と確実な工事監理のために研究と経験を積み重ね、高気密・高断熱だけに頼るのではなく、風の流れ・光の取り入れかたを考え、自然エネルギーの利用も重要な要素としながら、これからの日本の家「快適な省エネ住宅」を提供していきます。

省エネ家電・太陽光発電・蓄電池など効率の良いローコスト商品の情報を常に収集し、適材適所にコストバランスを計ってZEH住宅のコストダウンを目指した設計をしていきます。